アクセス拒否 夜のパヴァーヌ ♪pavane de la nuit♪ 母を許す(長文です) 忍者ブログ
趣味のピアノ、子育て、思うことなど…
Admin / Write / Res
<< 09   2019/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[388]  [387]  [250]  [249]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は非常に重ーい話題になります。。。

重い話題が苦手な方はスルーしてくださいね(しかも長文だし)。

何か外に向けて発信してみたくなったので、こうして書いてみることにしたんです。


親になった今、私と母の関係について考えることが多くなりました。


私と母は、決していい関係ではありませんでした。

歪んだ、というか、ねじれた、というか、とにかく良好で素直でない関係であったことは確かです。

まず、私に対する暴言は数限りなくありました。

・グズ、のろま、だらしないなど、行動や生活態度に関する暴言
・デブ、ぶーちゃんなど身体に関する暴言(昔、太っていた時期があった)
・目つきが悪い、鬼みたいな顔など、表情や顔つきに関する暴言
・「あんたに長所なんてあるの?」「悪い子」「何をやってもダメ」など、性質に関する暴言

自分の子供だから、何を言ってもいいと思っていたみたいです。

それが、たとえ人格や人権を侵害するようなことでも。

そして、よく兄やいとこ、近所の友達と比較し、必ず私が劣っているように言うのです。

本人は比較している自覚がないようなので、たちがが悪かった。。。

おかげで私はかなり長い間、

「自分にはいいところなんて一つもない。常に悪いのは私である」

という意識がこびりついて取れませんでした。


他にも、中学時代に友達どうしで渋谷や新宿のような繁華街に行くことを禁じたり、

お泊りするのを禁じたり(これには逆らって泊りに行ってたけどね)、

雨が降ったら出かけるのを引きとめたり、とにかく制限も禁止事項も多かったです。

人の部屋のものを勝手にあさったり、日記を読んだり、プライベートもかなり侵害してきたし、

一方的に責めるだけの意味のない話し合いを繰り返したり(逃げることは許されなかった)、

おしゃれすることは許してくれなくて、自分の選んだ服だけ着るように押し付けたり、

とにかく母との生活はつらいことが多かったです。


思いやりをもて、人の悪口を言うなといいながら、自分は家で友達の悪口を垂れ流す。

貯金しろと言いながら、自分の金銭感覚は実家にいたころのお嬢様感覚から変わっていない。

行動も矛盾だらけです。


で、そんなに嫌ならもっと反抗すればよかったじゃない、

そんな家さっさと出ていけばよかったじゃない、と思われるかもしれませんが、

残念ながら私の自我はとても弱く、母の半ば脅迫めいた強制には勝てませんでした。


母は鬱屈したストレスを解消するのに私が必要で、私は住むところと食べるものが必要で、

そんな私たちはきっと、「共依存」していたんだと思います。


そんな母は6年前の暮れに、肺がんにかかって亡くなりました。


母との関係を良くする機会はこれで永遠に喪われてしまい、

父との関係などさまざまな問題も、ついに本当のことは分からずじまいになってしまいました。


しかし母がたとえ今でも生きていたとしても、

家にばかりこもって過ごし、自分の考えを変えることを嫌った母が、

自分の行いや言動を悔い改めるとは到底思えないので、

生きていてもあまり状況は変わらないと思います。


亡くなった今でも母の束縛を感じる時はあるし、

腹が立った時など、自分の精神状態から、母の血を感じずにはいられない時があります。


でも最近、そんな母の血をもつ自分受け入れつつ、母を許したいと思うことが増えてきました。

許したいというか、束縛を乗り越えたいというか。


それはきっと、私も親になったからだと思います。


こんなに母と良くない関係だったのに、聞いてみたいことはたくさんあります。

私はどんな子供だったの?生まれた時はどんなだったの?

どんなことが大変で、どんなことが嬉しかったの?って。


母は母なりに苦労したことがあるんだろう。

自分は全然完璧なんかじゃない、大人なんかじゃない。。。

全然未熟な人間だと思う。


同じように、母もまた未熟な状態たったんだろうなぁ。。。って、思うようになったんです。

だって、母が私を産んだとき、私の歳より若かったんだもの。


何かだんだん、そういう風に考えるようになってきて、

今までずっと酷いことばかりされてきた!って思いしかなかったけど、

そういう思いを乗り越えて、母を受け入れたい!って気持ちに変わってきたんです。


子供が出来るって、こういう変化ももたらすんだなぁ、すごいことだなぁって思います。


私は確かに、嫌になるほど母の血を受け継いでいる部分があります。

でも、絶対に母みたいにはならない。


今後りんりんとはどうなっていくのかわかりませんが、

出来れば、私と母みたいな関係には、ならないようにしたいなぁ、とは思います。


長々とすみませんでした。。。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
親になるって、すごいことですね!
キアラさん
ここまで、たどりつくのに、長い時間が必要だったと思います。
それでもキアラさんが子どもを産んで親になったことで成長し、お母さまを客観的にみることで、キアラさんの心の中も整理できたのではないでしょうか。

私は母との関係は良好でしたが、それでも母のイヤな面は、まねしたくないと思いますし、常にグチを聞かされてましたから、そんな人生には自分はなりたくない!って、いつも思ってました。
親は子どもの反面教師になるところも、たくさんあるのだろうと思います。
キアラさんは、りんりんちゃんにとって、素晴らしいお母さんになるのは、疑いないと信じてます。
みぽぽ 2009/01/19(Mon)18:30:41 編集
Re:親になるって、すごいことですね!
♪みぽぽさん

こんにちは!
こちらもコメントくださってありがとうございます!

>キアラさん
>ここまで、たどりつくのに、長い時間が必要だったと思います。

ええ。。。
気づいたら約6年。
びっくりしちゃいました。
でも、いろんな過程を経ないと、こんな心境にはなれなかったということだと私も思います。

>それでもキアラさんが子どもを産んで親になったことで成長し、お母さまを客観的にみることで、キアラさんの心の中も整理できたのではないでしょうか。

そうですね~。非常に不思議なことではありますが。。。
気づいたら、母のことを考えることが多くなっていたし、とりわけ子育てでイライラしてしまう自分の精神状態から母の姿を思い起こすこともあり、いろんな意味で母の影を乗り越えたいと思うようになったようです。

>私は母との関係は良好でしたが、それでも母のイヤな面は、まねしたくないと思いますし、常にグチを聞かされてましたから、そんな人生には自分はなりたくない!って、いつも思ってました。
>親は子どもの反面教師になるところも、たくさんあるのだろうと思います。

成程。。。
どんなに良好な関係であっても、いやな面はやっぱりどこの親子にもあるものなんですね。
反面教師になることもまた、親の役割なのかもしれません。

>キアラさんは、りんりんちゃんにとって、素晴らしいお母さんになるのは、疑いないと信じてます。

ああ、ありがたいお言葉です!
こんな私でも、母親になる日が来るなんてと思っていたのに。。。
すごいことだと思います。
キアラ  【2009/01/20 14:50】
無題
読んでて ビックリでしたー。 うちの母と私の関係に少し似てます。

詳しく書くと気持ちも滅入ってしまうので 書きませんけど 私は、母のことで 小さい頃はいじめられたこともあったし、担任の先生には 母のことで とても心配されたこともありました。

大嫌いだったけど やっぱり結婚して子供を産んでからかなぁー、 母が私を産んでくれてなければ今の自分は いなかったんだと思えるようになって 少し 母のことは 楽に見られるようになりました。 今も 関係はあんまり 良好ではないんですけど・・・孫は 可愛いらしくて まー 面倒はみてくれてます。 用がある時は 私もお願いしちゃったりしてるので 前よりは シコリはなくなったかな。

子供を産んでから・・・よく 虐待された人は それを繰り返すなんて ニュースをみたりして 私も そうなっちゃうのかなー なんて 真剣に悩んでしまったこともあって 逆に 子供を叱れなくて。 がまんできずに 叱ると それがとても悪いことのように思えてしまう時期もありました。 主人に相談して まー 話すことで そーゆーのって 少しは楽になるみたいで その時は ホントに助けられましたよ。
今は・・・バリバリ 怒ってますが(笑)

キアラさんも ご苦労されてきたみたいですけど、しっかりと お母様との関係を冷静に受け止めていらっしゃるし、りんりんちゃんの誕生がキッカケで 改めて 母としてのあり方みたいなものが みえてきているみたいだし きっと これからも素敵な ママでいられると 思いますよ★

娘って いいですよねー・・・いつか 母と娘でルンルン旅行なんかも行くんでしょーね~♪♪ お土産まってます(笑)←今から予約♪(笑)
ひろたま 2009/01/19(Mon)18:34:37 編集
Re:無題
♪ひろたまさん

こんにちは!
コメントありがとうございます!

>読んでて ビックリでしたー。 うちの母と私の関係に少し似てます。

えっ?そうなんですか?

>詳しく書くと気持ちも滅入ってしまうので 書きませんけど 私は、母のことで 小さい頃はいじめられたこともあったし、担任の先生には 母のことで とても心配されたこともありました。

ええ~っ。。。
どういった経緯でそうなったかは分かりませんが。。。
それは相当ですね!
担任の先生にまで心配されるなんて。。。

>大嫌いだったけど やっぱり結婚して子供を産んでからかなぁー、 母が私を産んでくれてなければ今の自分は いなかったんだと思えるようになって 少し 母のことは 楽に見られるようになりました。 今も 関係はあんまり 良好ではないんですけど・・・孫は 可愛いらしくて まー 面倒はみてくれてます。 用がある時は 私もお願いしちゃったりしてるので 前よりは シコリはなくなったかな。

そう思うと、親になるっていうのはすごいことですよね。
親も、孫ができると変わるみたいだし。。。
孫をはさんで、親子の間が緩和することもあるようですね。
少しうらやましいですが。。。

>子供を産んでから・・・よく 虐待された人は それを繰り返すなんて ニュースをみたりして 私も そうなっちゃうのかなー なんて 真剣に悩んでしまったこともあって 逆に 子供を叱れなくて。 がまんできずに 叱ると それがとても悪いことのように思えてしまう時期もありました。 主人に相談して まー 話すことで そーゆーのって 少しは楽になるみたいで その時は ホントに助けられましたよ。
>今は・・・バリバリ 怒ってますが(笑)

それはつらかったですね。。。
一番良くないのは、話せずに貯めこんじゃうことですものね。
ひろたまさんは、ご主人に救われたのですね。

>キアラさんも ご苦労されてきたみたいですけど、しっかりと お母様との関係を冷静に受け止めていらっしゃるし、りんりんちゃんの誕生がキッカケで 改めて 母としてのあり方みたいなものが みえてきているみたいだし きっと これからも素敵な ママでいられると 思いますよ★

ありがとうございます♪
正直こんな自分が。。。とは今でも思っていますが、これを乗り越えることで、少しは変わってくるのではないかと思ってます。
母を受け入れようという考えそのものが、快挙なので。。。

>娘って いいですよねー・・・いつか 母と娘でルンルン旅行なんかも行くんでしょーね~♪♪ お土産まってます(笑)←今から予約♪(笑)

あははは(笑)
私は母と旅行をしたことがないので。。。
りんりんと一緒に行ってみたいなぁ♪
そしたらひろたまさんにお土産をお届けします(笑)
キアラ  【2009/01/20 15:17】
無題
全部読みました。
そして泣きました。

デジデジ 2009/01/19(Mon)20:57:44 編集
Re:無題
♪デジデジさん

こんにちは!
コメントありがとうございます♪

>全部読みました。
>そして泣きました。

ああ。。。
こんな言い方も変ですが、涙を流してくださった心に感謝します。
私ひとりで長い間抱えていたので。。。
キアラ  【2009/01/20 15:26】
無題
母娘の関係は、私も現在色々と考える部分がたくさんあります。
キアラさんと同じような感情を、少なからず両親に対して思っていますから。。。

親子だから心配すること、その関係に頼ることのバランスは
どんなに親子でも価値観が違って当然ですし、押し付けられるのはどうしても反抗してしまう、
親不孝な娘だなと、つくづく思います。。

私もいつか母親になる時がくれば分かるのかもしれないし、ずっと平行線かもしれませんが
キアラさんがそう思えるようになったのは
やはりりんりんちゃんの立派なお母さんだからでしょうね!

これから先も今の気持ちを大切にして下さいね!
りんりんちゃんにも、きっと伝わりますよ。
はる 2009/01/19(Mon)21:56:47 編集
Re:無題
♪はるさん

こんにちは!
コメントありがとうございます。

>母娘の関係は、私も現在色々と考える部分がたくさんあります。
>キアラさんと同じような感情を、少なからず両親に対して思っていますから。。。

そうですか。。。
現在、同居していらっしゃるのでしたっけ。

>親子だから心配すること、その関係に頼ることのバランスは
>どんなに親子でも価値観が違って当然ですし、押し付けられるのはどうしても反抗してしまう、
>親不孝な娘だなと、つくづく思います。。

親は良かれと思って言うんですよね。
でも子供は自分で考えて道を作りたいもの。。
なかなかそのあたりはかみ合わないですよね。

>私もいつか母親になる時がくれば分かるのかもしれないし、ずっと平行線かもしれませんが
>キアラさんがそう思えるようになったのは
>やはりりんりんちゃんの立派なお母さんだからでしょうね!

ありがとうございます♪
立派、かどうかはわかりませんが。。。
頑張ってママしてるとは思います。
母親になることは、きっかけの一つだと思っています。
きっと、別のきっかけで、親子の関係について考え方や受け止め方が変わってくるものと思っています。

>これから先も今の気持ちを大切にして下さいね!
>りんりんちゃんにも、きっと伝わりますよ。

本当にありがとうございます~!
心強いです♪
キアラ  【2009/01/20 15:55】
大丈夫だよ!
私が断言しちゃうわ。大丈夫!君はすんごくええ奴やから~^^!お母さんは反面教師にきっとできるよ。先日会った時も、もうひとり男の子が欲しいと言った君に、何だか感動しました。
人はどんどん進化成長していくんだな~と思ったよ。自分の事ぎゅっ!と抱きしめてあげてね(イメージでも)。涙もいっぱい流してデトックスしながら共に生きていきましょう!
AtoRIe 2009/01/19(Mon)23:04:48 編集
Re:大丈夫だよ!
♪Ato*Rieさん

こんにちは!
コメントありがとう♪

>私が断言しちゃうわ。大丈夫!君はすんごくええ奴やから~^^!お母さんは反面教師にきっとできるよ。先日会った時も、もうひとり男の子が欲しいと言った君に、何だか感動しました。

うおおお~!!
ありがとう~!!
涙出ちゃうよ~。
うんうん、子供がほしいって思うこと自体、ものすごい変化だと自分でも思ってるんだ。。。

>人はどんどん進化成長していくんだな~と思ったよ。自分の事ぎゅっ!と抱きしめてあげてね(イメージでも)。涙もいっぱい流してデトックスしながら共に生きていきましょう!

そうだね。
「絶対~ない」ってことは、あり得ないんだって、ちゃんと進化して、変わっていけるんだって実感した!
母の血を持つ自分も抱きしめてあげられそうだよ!
お互いデトックスだね!
キアラ  【2009/01/20 16:03】
私と母の関係
も似たようなところがあります。私の母も私に「あんたはいいところがひとつもない」といつもいっていますし(今でも)。
ただキアラさんとちがうところは私が独身で今でも母と共依存の関係にあるということと、私は一生結婚することも出産することもないので(いつも言っているように私なんかと結婚する物好きはいないため)、結婚したり出産することでその問題を乗り越えるという解決策はないということです。

私も最近、子どもは持つことがありませんが、ふとしたきっかけで母も若い頃は未熟で精一杯だったからいろいろと言ったりしたりしたのだろうなって思えるようになりました。

でもあと一歩のところがあるなあ。
私の場合。
のぞみ 2009/01/20(Tue)01:13:38 編集
Re:私と母の関係
♪のぞみさん

こんにちは!
コメントありがとうございます。

>も似たようなところがあります。私の母も私に「あんたはいいところがひとつもない」といつもいっていますし(今でも)。

それは辛いですね。。。
そのセリフを忘れたくても、今でも言われているのならたまらないですね~。
親の言葉って威力があるので、そんなこと言われ続けていたら自分に自信がなくなってしまいますよね。。。

>ただキアラさんとちがうところは私が独身で今でも母と共依存の関係にあるということと、私は一生結婚することも出産することもないので(いつも言っているように私なんかと結婚する物好きはいないため)、結婚したり出産することでその問題を乗り越えるという解決策はないということです。

この問題に関しては、結婚や出産はきっかけの一つにすぎないと思います。
(第一解決策がそれしかないなどと言ったら、漫画家の槙村さとるさんに怒られます。←それっぽいセリフが漫画の中に出てきていた)

>私も最近、子どもは持つことがありませんが、ふとしたきっかけで母も若い頃は未熟で精一杯だったからいろいろと言ったりしたりしたのだろうなって思えるようになりました。

成程。。。
いい感じですね。

>でもあと一歩のところがあるなあ。
>私の場合。

もうちょっとかかるのかもしれませんね♪
キアラ  【2009/01/20 16:39】
わかるような気がします
(お久しぶりです。こちらには初コメします)

読んでいて、「あ~これ分かるなぁ」ってところが、少なからずありました。

私の実家は、両親ともに教師の、ガチガチに真面目です。
職場も性格も、四角なのです。
特に、母親の制限はすごかった。

中学の時、トレーナーからシャツを出して、着るスタイルが流行っていたのですが、
「あんたには似合わない。お父さんの体面も考えて」
で私服は、親からのお下がりだし。。。
結局、友達がしているような、休日のお洒落もできず(--

高校になってから、友達とカラオケに行くようになってからも、許可制。
お祭りに行くのも、許可制。
それも、「何時に、誰と、どこに、どんな場所に行って、何時までに帰ってくるか」を言わないと行かせてくれなかった。
もちろん、バイトは禁止だしww

こんな状態が、22、3のころまで続きました。
上京して、携帯を持つようになってからがもっとすごかった。
家に電話して、出なかったら、即携帯に連絡。
「早く帰りなさい!」
大学で部活して、ご飯食べてる最中にそれですよ。。
大学生にとっての7時、8時なんて、遅くない時間なのにねぇ。

お洋服でも、リボンやレースがついているようなものは、「派手」「機能的じゃない」って言う理由で、あまり買ってくれなかったし・・・
だもんで、上京してからもしばらくは、お洒落とは無縁な格好でした。

それに、実家にいたときは、ほんと、私服も持ってなかったんですよ。
ほとんど、ジーンズ、トレーナーって感じ。
ぜんぜん可愛くなかった!!!
今来ているものは、こっちに来てから買ったものばかり。

うちの母は、自分ができない、してこなかったことを私がしていると、どうも変な反応を起こすのです。
だから、今私が付き合っている人と、仮に旅行に行くなんていったら、殺されちゃうかも、ってくらいなんです。
(ま、そんなの言わずに、旅行いったりうちに呼んだりしてますけどねww駄目だといわれようが、知ったこっちゃないわw)

悪口に関しても、「人の悪口を言っちゃいけない」って言いながら、「祖母ちゃんは・・・」「あの人は・・・」っていうこともあった。
そして、何かにつけて、「お父さんの言うことは正しい」
あんたの意見はないのかよ、って今でも思います。

それに、叱られたときは、ひどいと、雪が降っているときに外にはだしで放り出されたり、雨の中に私の洋服ごと出されたこともありました。
真冬に小屋に閉じ込められたことも・・・
叩かれるなんてことは、叱られたときの定番みたいなもので、しかられたときに叩かれなかった、ってことはまずなかったです。
怒鳴られたり、大きな声を出されたことも・・・
この経験は、今でも忘れられません。

なので、私は親にはなりたくないって今でも思います
きっと、母と同じ道をたどってしまうと思うから。
でも、彼は言います。
「親からそういう目にあってきたからって、自分がそうなるわけじゃない。それを抑えたり、変えていかなきゃいけないんじゃないの」と。
そうできるなら、そうしたい。
でも、きっと出来ないだろうと思います。
なぜかって、一度教育現場に出たときに、子供たちにたいして大きな声を出して叱ったり、手を叩いたりしたから。。。

それに気づいた自分が、とても悲しかったです。


親にならないのならば、せめて、一個の人間として、自立して生活していけるように、
親とは違う人生を歩んで生きたいと思うところです。。




ま、ささやかな抵抗は、うちでハムスターを飼っていることでしょうかw
私の母は触れないし、ハム子のことが怖いそうですから。
今は、そのちびハム子が、私の妹であり、可愛いわが子みたいなものです。



長々とすみませんでした・・・m(_ _)m
まり†こる 2009/01/23(Fri)11:18:38 編集
Re:わかるような気がします
♪まり†こるさん

こんばんわ。
コメントありがとうございます。

大切な話を、打ち明けてくださってありがとうございます。
実は、以前まり†こるさんがご自分のブログで、親子関係のことをちらっと記事にしていたのを読んで、
「もしかして、まり†こるさんも親子関係でいろいろあったんだろうか。。。」
って思っていました。

まり†こるさんも、ずいぶん長い間、つらい思いをしてきたんですね。
しかられたら必ず叩かれる。。。なんて、本当に酷いです。
雪が降ってる時にはだしで。。。なんて、凍えちゃって取り返しのつかないことになったら、どうするつもりなのでしょう。

昔は、厳しくしたり、こういう行為も「躾」の範疇にあって、子供の心の傷になってしまうであろうということは考えられていなかったんでしょうね。

本当に、辛かったんですね。

私は今のような心境になれたこと自体奇跡のようなものだと思っています。
今まで通ってきた道ひとつ違えば、こんな心境になることはおろか、子供を持つことすら拒み続けたと思います。

へたすりゃ30歳迎えた時点で、死んでいたかもしれない。

何があるか分からない人生だと思っています。

まり†こるさんがこの先、少しでも生きやすく、幸せに過ごせる人生を送れるよう、祈っています。

お母様とのことも、どうなるか、何があるか分かりませんが、時間の経過とともに、少しでもいい方向に向かってほしいなぁ、と願ってやみません。

うまく言えなくてごめんなさい。。。
キアラ  【2009/01/24 23:48】
気持ちはわかるなぁ
うちの母親も、似てるとこあるなぁ。
うちも、すっごく厳しくて、今の時代なら、虐待で訴えたら勝てるって思うときあるもん(まぁ、これは冗談だけど)

働き出したあとでも、夜帰りが遅いとすごい怒られるし(そのことでずーと一月位機嫌悪い)、男友達(ほんとになんにもないただの友達)からの電話にも変な応対するし、束縛もひどくて、ずーと家を出たかったけど、許してもらえなくて、、、
だから、会社がいろいろあって、転勤するときに、親は私が会社を辞めてほしかったみたいだけど、私は家を出るチャンスだ、って思って、退職せずに、今も関西で一人でいます。

私が家を出た後は、母も少しは成長したみたいで、私が適当に活きてる(嫁にも行かず、花の独身生活)ことにも、何も言わなくなりました。家を出た後が、私と母の関係が一番うまくいてるみたい。


妹も、母にはかなり不満があったみたいで、その気持ちも理解することができました。
でも、妹が結婚するときに、相手の親ばっかり持ち上げて、うちの親のことを卑下するようなことを言い、相手も隣でおとなしくうんうんと頷いてばっかりで、なんのフォローもなかった時に、わたしはすっごくむかついて、逆に妹夫婦を許せない!!
今では、妹との関係が断絶してます。


私は、キアラさんと違って、親のありがたみや親と向き合うとことができたのは、両親が生きているうちで良かったと思います。これから、結婚して子供が出来たら(そんな機会があるかどうかは置いといて、、)もっと解かってくるのかな?ってブログ読んでて、考えさせられました。


キアラさんのりんりんちゃんへの愛情はブログでも、すっごく伝わってくるから、絶対に大丈夫だよ!!ママ業がんばれ!!!


そういえば、うちのオカン、昔キアラさんがうちに遊びに来たときに、すっごく褒めてたよ!「礼儀正しくていい子ね」って。これって、キアラさんのお母さんの教育が良かったからだよ!

あなすたしあ 2009/01/24(Sat)13:25:50 編集
Re:気持ちはわかるなぁ
♪あなすたしあさん

こんばんわ♪
コメントありがとう!

あなすたしあさんのお母様ってそんなに厳しかったんだ?
というか中学時代そういう話ってしたことなかったよね。。。

私たちが子どもだったころって、まだ「パワハラ」とか「虐待」とかいうはっきりした言葉(概念)ってなかったから、そういうのと躾のすれすれの行為が横行してたよね。。

あなすたしあさんも苦労したんだ。。。大変だったね。。。
うちも彼氏いたころは、母がその彼氏が気にらなくて、付き合ってる3年間というものまともに口も利かなかったこととかあったよ。。。
働き出した後も夜遅くなって怒られるって、そりゃないよね。。。
アフター5はおろか、残業もおちおちできないじゃん。

でも離れたことで、ちょっと距離感ができたのかもね~。
うまくいくようになってよかったよね♪

うん、未解決の問題が山積みになってる最中に、いきなり死なれちゃうのってショックだよ。
空中分解しちゃったみたいでね。
生きてるうちに親と向き合えれば、そのあとも仲良くやっていけるもんね。
きっと、結婚して子供ができると、もっと仲良くなれるかもよ。
親の気持ちがもっと分かってきて、そういう話もできるかもしれないし、お母様のことも、違った視点から見て気付かされることだってあるかもしれないし。
私はそういうのがうらやましいな~って思ってるよ。

それとあと、私礼儀正しくしてた?
覚えてないなー。結構いろんなところでへまして、母親に怒られてたけど。。。
でも褒められてたとは嬉しいな♪
キアラ  【2009/01/25 00:00】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ご訪問ありがとうございます


こんにちは、キアラと申します。
家事に育児に大忙しの毎日ですが、合間を縫ってピアノライフも楽しんでいます♪ どうぞよろしくお願いいたします。


♪~練習中の曲~♪
※通年※
★バッハ
インヴェンション
※2011年発表予定曲※
<新曲>
☆シマノフスキ
変奏曲Op.3
☆Oriental Wind
久石譲
<リベンジ>
☆リスト
愛の夢第3番
☆ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第8番Op.13「悲愴」全楽章
☆吉松隆
ピアノ・フォリオ…消えたプレイアードによせて
<続投>
☆ショパン
ポロネーズ第6番Op.53「英雄」
ノクターン第13番Op.48-1
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/16 内田健太郎]
[06/08 リスト大好き]
[05/21 tomato]
[03/27 リスト大好き]
[03/22 おくりん]
いろいろリンク♪
★ピアノ関連★
♪新居 由佳梨さん(ピアニスト)
新居 由佳梨 オフィシャルブログ「con brio!」
♪ショピニスト(ショパンの詳しいサイト)
ショピニストへの道~ショパンを極めよう~
♪ムシクンさん(ピアノムシのボス)
ピアノムシ
♪デジたろうさん
デジたろうのピアノとDTMとパソコンのブログ
♪りょうさん
日々音綴り
♪mayumiさん
きらきらピアノDays
♪pocoさん
La fontana di musica
♪ゆりゆりさん
-- ゆりゆりの日記 --
♪せいごろうさん
seigoro Blog
♪kantakuさん
kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道
♪えつさん
えつ日記
♪のぞみさん
音楽は深い闇と情熱の匂い
♪ちょっちゃまさん
Felice+ ~フェリーチェ プリュス~
♪sakurairoさん
セジュール・ピアノ
♪hanaさん
育児とピアノとBrillante
♪ひろたまさん
結びちゃん と ぴあのさん
♪dolami77さん
どらみ ラプソディー
♪かおるさん
かおるの凸凹記録帳♪
♪ナオさん
月の下でヒトリゴト
♪おくりんさん
音の滴 ~ピアノに寄せて
♪chihiroさん
子育てとピアノの日記

★おともだち★
♪Ato*Rieさん
collor・illust Moon(カラ-・イラスト ム-ン)
♪月子さん
ちいさなこと・おおきなこと

★ファッション・美容★
PENNSNECK(ペンズネック)公式サイト
マダム由美子の「美の探求」日記
Manolo Blahnik
Christian Louboutin
銀座かねまつ|シューズ&バッグ
靴・バッグのダイアナ通販サイト 【dianashoes.com】
おすすめコーナー

ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©  夜のパヴァーヌ ♪pavane de la nuit♪ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]